証券口座を開設するときには税金を比較する

証券口座を開設するときには、その口座に対して課せられる税金に関してきちんと考慮しなくてはなりません。

証券口座を利用すれば株取引だけではなく外国為替証拠金取引などの取引を行うことも出来るようになりますが、証券口座を利用して取引をするいかなる取引も生じた利益に対して税金を払わなくてはいけないようになっていますので、その比較をしっかりと行っておかなくてはなりません。

そもそも、証券口座を開設する際にはまずどのような口座を開設するのかを選択しなくてはなりません。

この口座の解説に関してはいくつかの種類にわけられており、その中でも重要視しなくてはならない種類は二つになっています。


一つは、一般的な誰でも普段利用しているような口座です。

証券口座の比較の詳細は専用ホームページで紹介しています。

こうした口座を利用することによって普通の取引をすることが出来るようになりますが、口座の中で決済されて生じた利益に対しては自身で計算をして税金を納めなくてはいけません。



そして、もう一方の口座が特定口座と呼ばれる特殊な口座です。


特定口座というのは、取引によって生じた利益に対する税金の支払いを証券会社が利用者の代わりに行ってくれる口座のサービスのことを言います。
税金のトラブル等で後で面倒なことになりたくない人は、こうした方法をとることによって普通の口座と比較してスムースに取引ができるようになります。



その代わり、取引ごとに税金を納めなくてはならないので普通も口座と比較して取引回数が多いほど税金を納める金額が多くなることに注意が必要です。