証券口座を作る時の比較について

category01

日経平均株価はここ最近では低下傾向にあるものの、リーマンショックの頃の7000円台から比較すれば、2倍以上の価格で推移しています。


この急激な上がりように、投資をしてみようかなと思った方も多いと思います。
株や債権、投資信託に投資するには証券口座が必ず必要になります。最近では証券会社だけでなく、銀行でも投資信託などを扱っており、どこで口座を作るか頭を悩ませる方も多いでしょう。今回はそんな方のために証券口座を作る際のポイントをお話します。

証券口座の比較の最新情報が知りたい方にはこちらです。

まず比較するべきは、取り扱い商品数です。

いざ市場がこのように動くと予想した時に、その動きの中で利益が狙えそうな商品を扱ってない可能性があります。

銀行では、取り扱い商品数は以前と比べてかなり多くなっていますが、まだまだ証券会社とは比較対象にはならないぐらい少ないです。



次に大事なのはなんと言っても手数料です。

手数料に関しては、ネット系の金融機関期間が比較的安いです。次に大事なのは、情報提供の質と量です。


証券会社によっては、アナリストレポートや日経新聞などの記事を無料で読めるケースもあります。



投資は情報戦でもあります。
より早く正確な情報をいかに取り入れるのかが重要なのです。

また株式などの知識や経験が少ない方は、相談出来る環境を用意してくれているか?も証券口座を作る際のポイントになります。


投資を始めても損ばかりしていては目も当てられません。

情報をわかり易く教えてくれる金融機関であれば、リアル店舗を持っている会社の方が良いかもしれません。


いずれにしても自分の知識や経験、投資スタイルにあった金融機関で口座を作るのが良いでしょう。

証券口座の知っておきたい情報

category02

証券口座を選ぶ際に様々な証券口座を比べて選ぶ人が増えています。証券口座はどれも同じものであり、比較することにあまり意味がないと考える人も多いと思いますが、実際は大きな違いがあり、しっかりとその違いを認識して選ばないといざという時に困ることになりかねないため、慎重に選ぶ必要があります。...

subpage

証券口座の納得の知識

category02

インターネットの急速な普及とともに発展してきましたネット証券会社ですが、ネット証券会社が、今日多くの顧客に受け入れられている主な理由に「手数料の安さ」が挙げられると思います。しかし、手数料の安さも勿論重要ですが、実際、取引を始めると、手数料以外の様々な要素の重要性が分かってきます。...

subpage

証券口座の知識を増やす

category03

証券口座を開設するときには、その口座に対して課せられる税金に関してきちんと考慮しなくてはなりません。証券口座を利用すれば株取引だけではなく外国為替証拠金取引などの取引を行うことも出来るようになりますが、証券口座を利用して取引をするいかなる取引も生じた利益に対して税金を払わなくてはいけないようになっていますので、その比較をしっかりと行っておかなくてはなりません。...

subpage

証券口座の意外な真実

category04

近年証券口座の中でも特に注目を集めているのがNISAです。ジュニアNISAまで誕生する程、NISAには多くの注目が集まっています。...

subpage