ネット証券口座の比較

インターネットの急速な普及とともに発展してきましたネット証券会社ですが、ネット証券会社が、今日多くの顧客に受け入れられている主な理由に「手数料の安さ」が挙げられると思います。

しかし、手数料の安さも勿論重要ですが、実際、取引を始めると、手数料以外の様々な要素の重要性が分かってきます。取引を行うにあたって必要不可欠な取引ツールは、証券会社によつて、使い勝手の良さや兼ね備えられた機能も異なります。
ここでは、手数料だけではなく、取引ツールにも焦点を当てて、ネット証券口座の比較についてご紹介したいと思います。
まず始めにご紹介したいのが、証券口座数350万超(ネット証券No.1)を誇るSBI証券です。

証券口座の比較について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

手数料の安さもさることながら、取引ツールであるリアルタイム・トレーディングツール「HYPERSBI」の機能が大変充実しています。

高い水準のチャートの見やすさ、分かりやすさなどの特徴があります。
ネット証券口座の比較で次にご紹介したいのが松井証券です。

一日10万円(約定代金の合計)までの取引手数料が0円です。



また、「一日信用取引」は、約定代金にかかわらず取引手数料は0円です。
更に、取引ツールである「ネットストック・ハイスピード」は、より迅速な取引を可能にする機能が充実しています。

ネット証券口座の比較の最後にご紹介したいのが、楽天証券です。



「いちにち定額コース」では、デイトレードの場合、片道分の手数料が無料になる、「デイ割」というサービスを提供しています。


また、取引ツールである「マーケットスピード」も板発注機能である「武蔵」が搭載され、更に充実してきました。